フウゲツの念能力系統や守護霊獣!プロフィール☆ハンターハンター

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「フウゲツ=ホイコーロ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・守護霊獣念系統
・守護霊獣念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

フウゲツ=ホイコーロ|基本プロフィール概要&容姿(見た目)と性格(気質)

フウゲツ=ホイコーロ|基本プロフィール概要


出典:HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第349話「蠱毒(こどく)」

◯ 基本プロフィール
■ 名前(姓名):
フウゲツ=ホイコーロ
■ 生年月日:
????年??月??日
■ 年齢:
???歳
■ 性別:
女性
■ 身長:
???センチメートル
■ 体重:
???キログラム
■ 血液型:
???型
■ 出身:
カキン帝国
■ 所属:
カキン帝国王族
■ 肩書:
カキン帝国王族第11王子
■ 初回登場区分:
暗黒大陸編
■ 初回登場話数:
第349話「蠱毒(こどく)」
■ 以降登場区分:
???編

フウゲツ=ホイコーロ|容姿(見た目)と性格(気質)

年相応よりも少し落ち着きのある若い女性。
黒髪で肩に掛からないほどの長さ、毛先は揃えられて前髪はサイドに流されている。

新大陸渡航前夜祭では民衆の前にスーツルックで登場。
セレモニーでは正装にカッターシャツにネクタイ、ニットのようなトップスとスネの上までの丈のズボンを着用。
すこし少年ぽさを演出した見た目。

妹の第10王子カチョウとは幼少期からとても仲が良く、手をつないで一緒にいることが多い。
第11王子フウゲツは、カチョウのことをカーちんと呼び慕っている。
そんなカチョウもフウゲツをフーちんと呼ぶ仲。
幼いころから一緒にトンネルがあるアスレチック遊具で遊んだり、登山に行ったりとアクティブ。
一緒に居ることが出来ない時は、ひとり誰にもばれないように涙する。

落ち着いているがまだまだ子供のような振る舞いが見られる。
一般人の若い女性と大差ない雰囲気や話口調。
カチョウに引っ張ってもらっている感が否めないが、カチョウがフウゲツを優先に考え行動し憎まれ役を買っていることを良くないとフウゲツは思っている。

おそらく今回のカキン帝国王位継承戦では自身が国王となりカチョウを守りたいと考えていたが、カチョウに考えを先越される。

Sponsored Link

フウゲツ=ホイコーロ|念系統&念能力(誓約と制約)

フウゲツ=ホイコーロ|念系統

不明。
作中でいまだ明かされていません。

フウゲツ=ホイコーロ|念能力(誓約と制約)

不明。
作中でいまだ明かされていません。

制約と誓約

制約は、不明。
誓約は、不明。

フウゲツ=ホイコーロ|守護霊獣念系統&守護霊獣念能力(誓約と制約)

カキン帝国国王ナスビーの命を授かった王室執事ヌグイにより「壺中卵の儀」が執り行われた。
古文書にある初代王が蠱毒の発想を得て具現化された壺。
この蠱毒の壺に対象者の血液を数滴垂らし、側面の壺の顔の口に手を入れる。
するとシニョンの髪飾りをした妖精の様な少女が現れて、王子の口に紫色の守護霊獣の卵のようなモノを入れ、儀は完了する。

ヌグイによれば、壺に血の継承を証し王即位への思いを念ずることで特別な能力(守護霊獣)が授かる、と信じられているという。

守護霊獣は、子孫繁栄を願う者が遺した強い念によって産み出された念獣。
死者の縁の深い者に憑き、取り憑かれた者のオーラを糧とし、その者の人となりに影響を受けた形態、能力に変貌する。
だが自身が創り出した存在ではないため、自分の意志で動かすことは出来ない。

対象者は全く自覚なく自ら守護する霊獣を育むこととなる。
守護霊獣は自身を形どる器なので、脆く弱気器は王にふさわしくない。
なので王位継承戦は、守護霊獣の強さで左右されると言っても過言ではない。

また守護霊獣は、念能力者にしか視ることが出来ない。

第11王子フウゲツの守護霊獣はワーム状。
カチョウとフウゲツが昔遊んだアスレチック遊具での世界旅行ごっこが反映している。

フウゲツ=ホイコーロ|守護霊獣念系統

放出系または具現化系。
相互協力型。

フウゲツ=ホイコーロ|守護霊獣念能力(誓約と制約)

秘密の扉(マジカルワーム)

空間移動能力で往路を妹フウゲツが操り復路を姉カチョウが操る。

・行きのドア型の扉はフウゲツが開ける。
・帰りのマンホール型の扉はカチョウが開ける。
・帰りの扉を閉めれば別の場所へ行ける。

妹のフウゲツが行きなのは、フウゲツの望みを優先し考え行動するカチョウの優しさが反映している。

制約と誓約

制約は、おそらく目的地は行ったことのある場所のみ。
誓約は、不明。

Sponsored Link

フウゲツ=ホイコーロ|生い立ちと境遇&これまでの経緯

フウゲツ=ホイコーロ|生い立ちと境遇

カキン帝国王族第11王子として生誕する。

父親は、カキン帝国国王ナスビー=ホイコーロ。
母親は、第6王妃セイコ。

第6王妃セイコ第2子、次女。
兄弟姉妹は、第6王妃セイコ第1子長女で姉の第10王子カチョウ
ほかの王子たちとは異母兄弟姉妹という関係。

念能力は開花していない。

この度のカキン帝国王位継承戦で下位王子なため確実に不利な立場。

フウゲツ=ホイコーロ|これまでの経緯

新大陸渡航のためB・W1号に乗船。

カキン帝国王位継承戦に於いて、おそらく姉カチョウを守ろうと考えていたが、いつもどおり守られる立場で進行。
そのためフウゲツ側の護衛にカチョウ警護らと共闘の意志を共有する。

王位継承戦でカチョウと会えない時間が続くと、寂しさのあまりひとりベッドで思い出の写真を眺め泣き出してしまう。

出航から37時間30分経過の木曜日AM1:27。
カチョウを思うあまりフウゲツの守護霊獣は呼応し、主寝室壁にドア型の扉が現れる。
困惑したが小さい頃遊んだアスレチック遊具の魔法の抜け道(マジックワーム)の入り口に似ていることで、カチョウへの想いは強くなる。
思わず扉を開けてワームを進むとその先に待っていたのはカチョウだった。
出会えたことに喜んだのも束の間、カチョウ警護ハンター協会員センリツやキーニの能力で異変を察知されカチョウに促され元の場所へ戻る。

部屋に戻ったフウゲツはこの能力に興味関心が湧き、不安よりもカチョウに会える期待のほうが膨らむ。
だがいくら願ってももう一度会いたいと祈っても再び扉が出現することはなく、落胆する。

新大陸渡航4日目水曜日深夜になり、再び扉と対面する。
1日1回限定の魔法だと理解したことで、すぐにカチョウへ会いに行くことはせず、どういう能力なのか思考を巡らす。
・トンネルから戻った後疲労感に見舞われる。
・どこへいけるのだろう?今日はどこへ行ってみよう。
・脱出できるならカチョウと二人で・・・。
・本当に1日1回限定なのか。
・日付が変わればいいのか24時間か?
・どこまで行けるのか?
・何人でもいけるのか?
・他の場所でも扉は現れるのか?
・行きと帰りとで場所の変更は可能か?
・扉が現れてからどのくらい使わずに待っててくれるのか?
・一度扉からでたら戻れるか?
・トンネルの途中で引き返したり中で行き先へ後はできるのか?
など確認しなければいけないことがある、と思考をめぐらし・・・とりあえず出口を扉の真横に出そうとするが現れなかった。
だが諦めず調査を開始するフウゲツは、カチョウを自身の魔法で助けると決意した。

カチョウが晩餐会の音楽ショーでグラスハープを練習中、いろいろ魔法の扉のことを調査をした結果、思いもよらない場所へでてしまう。
そこは十二支ん牛ミザイストム=ナナがいるB・W1号第3層だった。
そして中央警察署に匿われ、ミザイストム=ナナの事情聴取を受けることとなる。
だが第10王子カチョウになら話す、とだけで黙秘する。

第1層まで戻され第6王妃セイコに引き渡される。
司法局の72時間の監視が付いてしまったが、次の日曜日の晩餐会までには解かれるとのこと。
移送される間、ずっと魔法の扉のことを考えてついにフウゲツの中で結論付けられた。
行きはフウゲツが操作し、帰りはカチョウが操作。
扉を閉めれば帰りの扉からまた別の場所まで行ける。
カチョウの優しさが能力に反映されていた。
妹フウゲツの望みをいつも聞いてくれているようにどこにでも行ける能力。

カチョウとの面会が難しいとわかると、晩餐会音楽ショーで披露するグラスハープ演奏の練習に費やすことにした。

そしてとうとう出航8日目PM8:00晩餐会開始となる。
カチョウやセンリツ、キーニらと相談していた計画を実行する日でもある。
第1王子ベンジャミン私設兵ウショウヒによる第8王子サレサレ暗殺により演奏プログラムが変更となりカチョウとフウゲツのグラスハープ演奏は大トリになる。
その前にキーニのピアノ演奏、センリツの館内放送有りのフルート演奏が行われる。
キーニの演奏が終わり、センリツが紹介されると同時に計画に携わっているものは一斉に耳栓をする。
どんな者であろうと3分間音の世界に誘えるミュージックハンターセンリツの能力は、王族や王室警護らを音で魅了。
キーニが扇動し、カチョウとフウゲツが救命ボートに乗るまでの時間を稼いだ。

フウゲツと共に救命ボートに乗り、B・W1号からの脱出を目論んだが、救命ボート内からの嫌な気配を察知。
嫌な気配は目に見える蠢く手の形となり無数に押し寄せてくる。
船から出ることすなわちそれは脱出ではなく「」と悟ったカチョウは、フウゲツを最優先に守るため船に戻るための念の扉を開かせる。
もしカキン帝国の故郷へ扉を開いていたらふたりとも死んでいただろう。

先にフウゲツを扉の向こうに行かせ扉を締めたカチョウ
数刻して呼びかけるフウゲツの前に現れる。
二人とも無事で安堵するのも束の間、カチョウは儀式の驚異をフウゲツに伝えつつ船に戻る。

だが救命ボートには、無残な姿になったカチョウの遺体が取り残されていた。
フウゲツと一緒にワームで脱出したのは、カチョウの守護霊獣の念能力「2人セゾン(キミガイナイ)」だった。
死して尚、フウゲツを思うカチョウの意志。

何とか部屋に戻った1人と1獣は、安堵する。

9日目第2層司法局でキーニが引き起こしたことになっているカチョウとフウゲツの拉致事件の事情聴取を受けることとなる。

Sponsored Link

まとめ

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「フウゲツ=ホイコーロ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・守護霊獣念系統
・守護霊獣念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう