クラピカの念能力と念系統やプロフィール!性別女でかわいい?寿命も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「クラピカ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

クラピカ|基本プロフィール概要&容姿(見た目)と性格(気質)

クラピカ|基本プロフィール概要


出典:HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)

◯ 基本プロフィール
■ 名前(姓名):
クラピカ
■ 生年月日:
????年4月4日
■ 年齢:
17歳
■ 性別:
性別不明(推定男)
■ 身長:
171センチメートル
■ 体重:
59キログラム
■ 血液型:
AB型
■ 出身:
ルクソ地方の山奥。
■ 所属:
クルタ族
ハンター協会
ノストラードファミリー
十二支ん(子)
カキン帝国第14王子ワブル護衛
■ 肩書:
賞金首ハンター
■ 初回登場区分:
ハンター試験編
■ 初回登場話数:
第???話「???(???)」
■ 以降登場区分:
クラピカ追憶編
ヨークシン編
暗黒大陸編

クラピカ|容姿(見た目)と性格(気質)

金髪で、肌が白く華奢な体格をしている。
中性的で男性としても女性としても見られるが確定はしていない。
一人称は、「オレ」や「わたし」とどちらでも捉えられる。

ルクソ地方に住んでいた少数民族クルタ族の生き残り。
同種族が着ている青色と金色の装飾が施されている衣服を着用。
髪の毛で隠れているがイヤリングを身につけている。

冷静沈着で頭脳明晰、とても思慮深い。
主要人物のゴン、キルア、レオリオと比べても一番の切れ者。
なにかことを成すにしてもしっかりと作戦を立ててから行動に移す。
それと共に突破的な事態にも臨機応変に対応する能力がある。

信頼や理解を深めた仲間にはとても義理堅い。
その反面、同族に仇なす者や不信な相手には容赦しない。

仇である幻影旅団の話になると冷静さを失い周りが見えなくなる時がある。
また幻影旅団や蜘蛛に関連することを見聞し怒りや興奮を覚えると、クルタ続特有の特異体質「緋の眼」状態になる。
緋の眼状態になると、瞳の色が赤くなる。

Sponsored Link

クラピカ|念系統&念能力(制約と誓約)

クラピカ|念系統

具現化系

通常時の系統。
具現化した鎖を使用することができる。
また系統がばれないように、普段から鎖を具現化させている。

特質系

緋の眼が発動した時に、通常の具現化系から特質系に変化する。

絶対時間(エンペラータイム)

緋の眼発動時に使える能力。
全系統の能力を100%にまであげる。
威力や精度が100%になる代わりに、使用時に1秒間につき1時間の寿命が削られていく。
また3時間の絶対時間の仕様で3倍の9時間失神状態となってしまう。

クラピカ|念能力(制約と誓約)

先端にそれぞれ違う楔のついた鎖を具現化する。
攻撃や回復補助など鎖によって能力が違う。

癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)

楔の形状は十字架。
自身や他人の自然治癒を強化する。
リスク無く使える能力。

奪う人指し指の鎖(スチールチェーン)

楔の形状は注射器。
ターゲットのオーラを吸収し、念能力(発)を奪う。
奪っている間は、ターゲットを絶状態にする。
奪った念能力は、人指し指の絶対時間(ステルスドルフィン)にセットされ解析し使用や効果など詳細を知ることができる。
ステルスドルフィンには、絶対時間が必要。
解析した後はもう一度別の念能力を奪えるが、その場合先に奪った念能力を上書きしてしまう。
奪った念能力は破棄できず、使用しない限りは絶対時間が強制発動する。
一度切りの使用で所有者に戻される。
奪った念能力を他者へ使用権限を渡すこともできる。
人指し指の絶対時間(ステルスドルフィン)は、使用権限のあるものにしか見えない。

この能力は、クラピカの師匠イズナビの忠告「複数相手の念の戦闘ならこちらも複数が大原則」で空けておいた。

束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)

楔の形状は鉤爪。
この能力には、絶対時間が必要。
捕縛した幻影旅団員を強制的に絶状態にすることができる。

導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)

楔の形状は球。
ダウンジング効果があり、集中することで隠し事や自覚のある嘘を見抜く。
極限にまで集中することで数値には現れない微細な変化を自己認知すら超越して感知し鎖に伝える。
また飛んでくる銃弾を察知し受け止めるなど防御にも使える能力。
リスク無く使える能力。

律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)

楔の形状は短剣。
この能力には、操作系・放出系の能力も必要とするため絶対時間が必要。
ターゲットに掟を宣告し、遵守させる。
もしそれを破れば、ターゲットの心臓に刺した短剣により攻撃。
自身もターゲットにすることができる。
また、除念されれば感知できる様になっている。

制約と誓約

束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)に対して制約と誓約を設ける。
制約は、能力を幻影旅団員だけに使用する。
誓約は、もし能力を幻影旅団以外に使えば自死。

Sponsored Link

クラピカ|生い立ちと境遇&これまでの経緯

クラピカ|生い立ちと境遇

ルクソ地方に住んでいた少数民族クルタ族の生き残り。

仲間を幻影旅団によって滅ぼされている。

同胞の仇と奪われたクルタ族の眼球を回収するためハンターとなった。

※ 追記予定。

クラピカ|これまでの経緯

ハンター試験後に情報収集のため、マフィアのノストラードファミリーへ所属。

カキン帝国王族のひとり第4王子ツェリードニヒがクルタ族の眼球を持っているという情報を得る。

その情報から暗黒大陸へ進出するカキン帝国が乗るブラックホエール(B・W)号に乗船する。

カキン帝国王位継承戦で、第14王子ワブルの護衛となる。

※ 追記予定。

Sponsored Link

まとめ

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「クラピカ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう