モモゼの念能力系統や守護霊獣!プロフィール☆ハンターハンター

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「モモゼ=ホイコーロ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・守護霊獣念系統
・守護霊獣念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

モモゼ=ホイコーロ|基本プロフィール概要&容姿(見た目)と性格(気質)

モモゼ=ホイコーロ|基本プロフィール概要


出典:HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第349話「蠱毒(こどく)」

◯ 基本プロフィール
■ 名前(姓名):
モモゼ=ホイコーロ
■ 生年月日:
????年??月??日
■ 年齢:
???歳
■ 性別:
女性
■ 身長:
???センチメートル
■ 体重:
???キログラム
■ 血液型:
???型
■ 出身:
カキン帝国
■ 所属:
カキン帝国王族
■ 肩書:
カキン帝国王族第12王子
■ 初回登場区分:
暗黒大陸編
■ 初回登場話数:
第349話「蠱毒(こどく)」
■ 以降登場区分:
???編

モモゼ=ホイコーロ|容姿(見た目)と性格(気質)

王族のお嬢様のステレオタイプという印象。
エレガントな茶系統の巻き髪、つぶらな瞳、麗しい唇、華奢なスタイル。

ピンク系統なドレスを身にまとっている。
出航セレモニーに現れた時の正装では、豪華な金の装飾が施された髪飾りやブレスレットを着用。

趣味の編み物など手芸やパッチワークなどを得意としている。

母親の第7王妃セヴァンチからは、第13王子マラヤームほど寵愛されておらず。
モモゼは何でもできると思われている。

モモゼは、セヴァンチ、マラヤームに対し王の器ではない者と評価している。
またそんな二人のカキン帝国王位継承戦に、怯え周章く姿を可愛そうだと思っている。

モモゼ自身は王になる覚悟を持って挑んでいるということ。

Sponsored Link

モモゼ=ホイコーロ|念系統&念能力(誓約と制約)

モモゼ=ホイコーロ|念系統

不明。
作中でいまだ明かされていません。

モモゼ=ホイコーロ|念能力(誓約と制約)

不明。
作中でいまだ明かされていません。

制約と誓約

制約は、不明。
誓約は、不明。

モモゼ=ホイコーロ|守護霊獣念系統&守護霊獣念能力(誓約と制約)

カキン帝国国王ナスビーの命を授かった王室執事ヌグイにより「壺中卵の儀」が執り行われた。
古文書にある初代王が蠱毒の発想を得て具現化された壺。
この蠱毒の壺に対象者の血液を数滴垂らし、側面の壺の顔の口に手を入れる。
するとシニョンの髪飾りをした妖精の様な少女が現れて、王子の口に紫色の守護霊獣の卵のようなモノを入れ、儀は完了する。

ヌグイによれば、壺に血の継承を証し王即位への思いを念ずることで特別な能力(守護霊獣)が授かる、と信じられているという。

守護霊獣は、子孫繁栄を願う者が遺した強い念によって産み出された念獣。
死者の縁の深い者に憑き、取り憑かれた者のオーラを糧とし、その者の人となりに影響を受けた形態、能力に変貌する。
だが自身が創り出した存在ではないため、自分の意志で動かすことは出来ない。

対象者は全く自覚なく自ら守護する霊獣を育むこととなる。
守護霊獣は自身を形どる器なので、脆く弱気器は王にふさわしくない。
なので王位継承戦は、守護霊獣の強さで左右されると言っても過言ではない。

また守護霊獣は、念能力者にしか視ることが出来ない。

第12王子モモゼの守護霊獣は、1014号室に着任したクラピカが同室で起こっている護衛暗殺の原因調査や事情聴取を行っている時に、各王子の力量を見比べに来たかのように部屋を漂っていた中の一匹。
巨大なハムスター型の念獣で、お腹に大きなハートの模様、額に2つの目玉?、長い尻尾、鋭い牙と爪を持っている。

守護霊獣は王子の意に介さず行動するため知らずの間にオーラを食い続ける。
そのためモモゼも知らずの内に疲労感を顕にしていた。

モモゼ=ホイコーロ|守護霊獣念系統

操作系
半強制型

モモゼ=ホイコーロ|守護霊獣念能力(誓約と制約)

クラピカの見立て・・・
ヒマ」というキーワードをきっかけに人を操る能力。
念獣の声が聞こえる事」が発動の条件なら王子たちを始め能力者でない者には効かない能力。

・念能力者には視える巨大ハムスター型守護霊獣が「ヒマ」かどうか訪ねる。
・反応のあった者に念能力者も視えない小さいハムスター型念獣が取り憑き「ヒマ」か対象者に質問し続ける。
・対象者が「ヒマ」と答えたら、念能力者には視えるクマの頭をしたクモの念獣が体内に取り憑き半強制的に操作されてしまう。
・操作された人間に対して会話を行えるため半強制的に周りの標的を攻撃している。
・対象者が「絶」状態or念能力を使えない状態になったら元の守護霊獣の場所へ戻っていく。

制約と誓約

制約は、不明。
誓約は、不明。

Sponsored Link

モモゼ=ホイコーロ|生い立ちと境遇&これまでの経緯

モモゼ=ホイコーロ|生い立ちと境遇

カキン帝国王族第12王子として生誕する。

父親は、カキン帝国国王ナスビー=ホイコーロ。
母親は、第7王妃セヴァンチ。

第7王妃セヴァンチ第1子、長女。
兄弟姉妹は、第7王妃セヴァンチ第2子長男で弟の第13王子マラヤーム
ほかの王子たちとは異母兄弟姉妹という関係。

念能力は開花していない。

この度のカキン帝国王位継承戦で下位王子なため確実に不利な立場。

モモゼ=ホイコーロ|これまでの経緯

新大陸渡航のためB・W1号に乗船。
カキン帝国王位継承戦が始まると、古文書にある初代王が蠱毒の発想を得て具現化された壺を利用して執り行う「壺中卵の儀」によって創り出された守護霊獣が各王子の互いの力量を図り合うため1014号室に現れる。

念獣、念能力の存在がクラピカの緊急放送(エマージェンシー)全体共通チャンネルにより、全王子各護衛に知れ渡る。

ビルと共に元十二支ん子現ビヨンド側バリストン経由で第14王子ワブル護衛に着任したサイールドは、守護霊獣に半強制的に操作されてしまう。
サイールドによって仲間だったカートンは殺害され、ほかにも取り調べを受けていた各王妃所属兵二人も刺殺される。

クラピカのとっさの判断による「奪う人指し指の鎖(スチールチェーン)」によって、サイールドは拘束される。
拘束され「」状態になったサイールドの耳から、念能力者には視えるクマの頭をしたクモの念獣が脱出しそのまま排気口から逃走。
おそらく1012号室第12王子モモゼの元へ戻っていったものと思われる。

王位継承戦や念獣、念能力など今まで知らなかったことに触れた第7王妃セヴァンチ。
第12王子モモゼが自分のことは何でもできると考え、彼女の護衛非戦闘員らをほぼすべて第13王子マラヤームへ配置換えする。
怯え周章くセヴァンチ、マラヤームらを見て「王の器でない者は、お可哀そう」とモモゼは心の中で思う。

新大陸渡航から4時間後、守護霊獣の出現でモモゼはオーラを消費し披露から早めの就寝休養を取る。
第12王子モモゼ警護兵で護衛中の第4王妃カットローノ所属兵ラロック、第3王妃トウチョウレイ所属兵ブラッヂ、第2王妃ドゥアズル所属兵ニペイパー、第1王子ベンジャミン私設兵ビクト、就寝休憩中の第6王妃セイコ所属兵ナゴマム、第5王妃スィンコスィンコ所属兵タフディー。
彼らは、第7王妃セヴァンチがモモゼの護衛非戦闘員らを第13王子マラヤーム警護に配置換えしたことにより暗殺できる状況が整ったと考えている。
だが王族暗殺犯は国王軍に捕まれば一族もろとも処刑される。
そのため絶対に捕まらずに且つ、自分が実行犯である証拠は残し次代国王の最重要職に就くため、完全犯罪と秘密の暴露が暗殺の絶対条件だと思考を巡らす。
そしてモモゼの就寝と共に守護霊獣の姿も消える。

サイールドから奪った能力「裏窓(リトルアイ)」をクラピカは、第8王妃オイトに移譲する。
その能力を使いオイトは、1012号室第12王子モモゼの部屋を調査。
暗がりの主寝室で見えたのは、モモゼが何者かによって絞殺される姿だった。
幼い少女があっけなく命を摘まれる姿を見て発狂するオイト。
オイトの発見も虚しく、無残な姿で搬送される第12王子モモゼ。

新大陸渡航2日目AM9:45。
クラピカの念講習会が行われて間もないころ、とある大広間にカキン帝国国王ナスビー=ホイコーロ、王室執事ヌグイがいた。
彼らが眺めているのは、カプセルのような棺に保管されているモモゼだったモノだった。
ナスビー=ホイコーロは、モモゼがカキン大樹の礎となり生前よりも力強く輝き息づいていると話す。
カプセルのような棺は王子分14設備が物々しく並べられ、そこにモモゼは今も生きていると表現する。
格カプセル棺の装置は円を描く様に並べられ中央に謎の装置が設置されている。
装置とカプセル棺の間にモモゼと思われる魂が煌々としている。

カキン帝国王位継承戦第12王子モモゼ脱落。

Sponsored Link

まとめ

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「モモゼ=ホイコーロ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・守護霊獣念系統
・守護霊獣念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう