ハンターハンター16話ネタバレ考察!試練官登場&ベンドット初登場も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第16話「試練官登場(しれんかんとうじょう)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第16話
■ ストーリー題名:
試練官登場(しれんかんとうじょう)
■ ストーリー区分:
ハンター試験編
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1998年6月30日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第31号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第2巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
霧の中の攻防(きりのなかのこうぼう)
■ BACK:
第15話「多数決の道(たすうけつのみち)」
■ NEXT:
第17話「不自由な2択(ふじゆうな2たく)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。
受験番号405番。

◯ クラピカ
クルタ族で悲しい過去を背負う人物。
受験番号404番。

◯ レオリオ
メガネとスーツの人物。
受験番号403番。

◯ キルア
受験番号99番。
毒に耐性がある。
ゴンと同じくらいの歳の少年。

◯ トンパ
受験番号16番。
新人つぶし。

◯ ベンドット
囚人でありながら審査委員会から指令をうけた試練官。

◯ ハンター志望者たち

◯ 第三次試験官

◯ トリックタワー管理者たち

◯ トリックタワー囚人たち

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|あらすじ

第三次試験会場となるトリックタワーへ降り立ったハンター志望者たち。

彼らは制限時間72時間以内に下に降りなければならない。

各々が下へ降りる隠し扉を探す中、ゴンたちも隠し扉に入っていく。

降りた先の部屋は、多数決の道という課題がなされた空間だった。

5人一組で課題をこなさなければならないが、一人足らないため待ちぼうけを食らう。

やっとひとり降りてきたと思ったら、新人つぶしのトンパだった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|ネタバレ

多数決タイマーをセットしたトンパ。

5人全員がタイマーをセットしたことにより、部屋の外へ続く扉が開く。

扉の前には設問がありさっそく多数決となった。

このドアを・・・
◯⇒開ける
✕⇒開けない

答えは決まり切っているが、トンパは✕を押していた。

レオリオと言い争いになるが、ゴンは先を急ごうと諫める。

扉を出てすぐに設問があり、今度は分かれ道の左か右のどちらに進むのかという多数決を取る。

未知の道や迷っている場合心理的に左を選ぶケースがある。

だがここは3対2で右となった。

トンパ、クラピカ、キルアは右を選んだ。

それは試験官が人の心理を読んで無意識に選んだ左に難しいコースを用意している可能性を考慮した結果だった。

レオリオが渋々右を了承して進んでいくと、大きく開けた空間に出た。

天井は高く、下は谷底で深淵が広がる。

空間の中央には、柱の上に囲碁盤の様な床のスペースがあった。

そこには四つ角にたいまつと一つの側面に電光掲示板がそびえたつ。

ちょうどゴンたちが出てきた道とは反対側に、囚人たちがひしめき合っている。

監視カメラに話しかける囚人は、テスト生が来たことを知らせ手錠を外すように監視役に指示。

手かせが外れフードを脱ぐと、屈強で厳つい男が現れる。

彼の名はベンドットといい、ゴンたちに審査委員会にやとわれた試練官であると告げる。

ここでは囚人たち5人と戦う試練がまっているという。

勝負は一対一で各自一度しか戦えない。

順番は挑戦者が自由に決めることができ、多数決同様3勝でクリアとなる。

勝敗は、片方が負けを認めた場合に残された片方が勝利者となるルール。

説明し終えると、勝負を受けるか否かを多数決で問う。

全員一致で勝負を受けることとなった。

一番手は説明をしていたベンドットだった。

ゴンたちの先鋒は、トンパが名乗り出る。

戦い方が自由であり何を仕掛けてくるかわからない。

そのため毒味役として相手の出方をうかがうという。

また先ほど選択を誤ってしまったことの償いもかねてという。

さらに信用されていない自分が2勝2敗の場面で大将役を担うことは心象的に良くないからだと伝えた。

反対するものはおらず、選手は道から伸びた一本道へ進む。

ベンドットは勝負の方法にデスマッチを提案した。

一方が負けを認めるか、または死ぬかするまで戦うマッチである。

トンパはその勝負を受けるとさっそく戦闘が始まる。

ベンドットが勢いよく襲い掛かると同時に、トンパは土下座で負けを認めた。

そこで勝負は終わり試練官側の1勝となる。

試練官側があと2勝すれば、ゴンたちはその場で時間切れまで立ち尽くすことになる。

それを阻止するためにも残りの4人で3勝しなければならない。

悪ふざけをして帰ってきたトンパはレオリオに胸ぐらをつかまれる。

トンパは開き直って足を引っ張っていることをひけらかす。

またハンターになる気もはなから無いと言い放つ。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|考察感想

トンパの参加で不穏な感じをまとった今回のお話。

多数決を重ねるうちに、不穏さは増していく。

そしてたどり着いた闘技場で、トンパの本領が発揮されました。

悪い予感が見事に的中。

試練官の出方がいまいちわからない状態で1敗を喫したゴンたち。

残り4人で3勝しなければない危機的状況。

それにどう立ち向かうのか、次回が楽しみとなりました。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第16話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第2巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第2巻

※ 本作品の配信情報は2019年8月26日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第15話「多数決の道(たすうけつのみち)」
■ NEXT:
第17話「不自由な2択(ふじゆうな2たく)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第16話「試練官登場(しれんかんとうじょう)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう