ハンターハンター45話ネタバレ考察!レン&ズシとウィング登場も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第45話「レン(れん)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第45話
■ ストーリー題名:
レン(れん)
■ ストーリー区分:
天空闘技場編(てんくうとうぎじょうへん)
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1999年4月6日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第19号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第6巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
ヒソカの条件(ひそかのじょうけん)
■ BACK:
第44話「天空闘技場(てんくうとうぎじょう)」
■ NEXT:
第46話「ネン(ねん)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公で、287期生ハンター。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。

◯ キルア=ゾルディック
暗殺一家ゾルディック家三男で、ハンター。
毒に耐性があり、ゴンと同じくらいの歳。

◯ クラピカ
同胞クルタ族の仇である幻影旅団を探すハンター。
緋の目という特殊能力を持つ。

◯ レオリオ
医者志望の青年。
ハンター。

◯ ズシ
心源流拳法家。

◯ ウィング
心源流拳法師範代。
身の回りがだらしない。

◯ マイタ
天空闘技場50階クラス闘士。

◯ チババ
天空闘技場50階クラス闘士。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|あらすじ

無事キルアと再会したゴン、クラピカ、レオリオ。

ヨークシンシティで半年後の再会を約束し、4人は次の目的のため別々の行動を開始する。

ゴンとキルアは、ヒソカに借りを返すため特訓を開始する。

お金もそこを尽きていたため、鍛錬とお金稼ぎができる天空闘技場へ行く。

そこでは上に行くほどファイトマネーが高くなるという闘技大会が行われていた。

1階で実力を確認したゴンは、経験者のキルアと共に50階へ上がることになった。

また二人と同じ歳くらいの少年が、観客を沸かせる。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|ネタバレ

1日平均4,000人以上の腕自慢が高みを目指しやってくる天空闘技場。

観客動員数年間10億を超え、建物内部は各種サービス施設を完備。

高い階級の闘士は、1フロアすべてを所有することができる。

このビルは200階までは、10階単位でクラス分けされている。

50階クラスで1勝すれば60階クラスへ行ける。

逆に敗者は40階クラスへ下がる。

100階クラスは専用個室を用意してくれる。

50階までのエレベーターを降りると、1階クラスで観客を沸かせていた心源流拳法家の少年ズシが待っていた。

ズシはゴンとキルアの戦いを見て心を打たれ尊敬したという。

ゴンたちの会話にズシの師匠で心源流拳法師範代ウィングが現れる。

ゴンたちは特訓と金もうけを兼ねていることを明かす。

1階クラスのファイトマネーが支給されるがジュース一本分だった。

50階クラスなら5万ジェニー、100階クラスなら100万ジェニー、150階クラスを超えると1,000万ジェニーを楽に超すという。

200階クラスで勝つと2億ジェニー。

以前、200階まで行ったキルアだがファイトマネーはお菓子代に消えてしまったらしい。

ズシはゴンたちがどこの流派にも属しておらず、自分よりも強いことに驚く。

またゴンとズシは、キルアが4年間で2億ジェニーをお菓子代に使い切ったことにも驚く。

本日は、もう1試合組まされると予想し、控室に急行。

アナウンスで50階クラス闘士マイタとチババが闘技場へ呼ばれる。

またキルアとズシも呼び出される。

なんと2回戦目はキルアとズシだった。

1階クラスでの戦いで評価されていたため会場が沸くが、憲法下というデータを元にレートはズシの方が倍率が優勢だった。

少しカチンときたキルアだが、試合開始後のズシの構えや隙の少なさを見て冷静になる。

キルアにとってはまだまだとまっすぐに歩み寄る。

ズシの渾身の正拳突きをあっさりと避けるキルアは、手刀でズシを沈める。

もう終わりかと思ったが、ズシは立ち上がる。

悶絶必至の一撃を食らわせたがまたもやズシが起き上がる。

ズシは形勢不利だと考え、何か技を繰り出そうとする。

空気の変化に気づいたキルアはとっさに後方へ下がる。

ズシの攻撃かと思われた瞬間、観客席のウィングが大声で「ズシ!!」と叫ぶ。

その声でズシは構えを解除。

ロビーでキルアを待つゴンは、すでに6万を稼いでいた。

戦いを終えたキルアは煮え切らない表情でズシのことを話す。

素質はあり強くなるが、いまは隙だらけで殴りたい放題だった、しかし倒せなかったのだという。

ズシが構えを変えた時にイルミと同じいやな感じを受けたと告げる。

ウィングが言うには、ズシは「レン」の技を使ったという。

またズシの目標は塔の最上階であり、これから千回は負けることを覚悟するようにとも告げられていた。

盗み聞きをしていたキルアは、目標を最上階に設定する。

ゴンは最初から最上階まで行くつもりだった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|考察感想

ファイトマネーの金額が階層クラスによって分かれている。

上に上がれば上がるほど寄り良いファイトマネーが支給される。

キルアは幼少期から億単位のファイトマネーを稼いでいました。

それがまさかお菓子代に消えるとは、すごすぎですね。

新たに出現したズシ、ウィングの存在が、ゴンとキルアのこの先の運命を大きく変化させそうです。

それはズシが使った「レン」がカギとなっています。

レン」とは一体何なのか?

一撃必殺技なのか?

キルアを後退させるほどのパワーが秘められた技です。

また今回の話の裏に、冨樫義博さんが「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を誕生させた秘話をマンガ風に語っていました。

古本やカードなどいろいろなモノを集めるのが好きだった冨樫義博さん。

集め方には数多の手段があるが、共通するのはその取得時の快感。

それを題材になんとかハンターというマンガを描くつもりでいたが、どうせならいろんなハンターを描くことを考えていた。

そしてちょうどダウンタウンの番組で、「何で2回言うねん」というお笑い番組でよく耳にするツッコミからヒントを得ました。

こうして誕生したのが、「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」だったそうです。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第45話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6巻

※ 本作品の配信情報は2019年10月5日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第44話「天空闘技場(てんくうとうぎじょう)」
■ NEXT:
第46話「ネン(ねん)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第45話「レン(れん)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう