ハンターハンター47話ネタバレ考察!見えない壁&念とオーラも

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第47話「見えない壁(みえないかべ)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第47話
■ ストーリー題名:
見えない壁(みえないかべ)
■ ストーリー区分:
天空闘技場編(てんくうとうぎじょうへん)
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1999年4月20日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第21号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第6巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
ヒソカの条件(ひそかのじょうけん)
■ BACK:
第46話「ネン(ねん)」
■ NEXT:
第48話「ヒソカの条件(ひそかのじょうけん)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公で、287期生ハンター。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。

◯ キルア=ゾルディック
暗殺一家ゾルディック家三男で、ハンター。
毒に耐性があり、ゴンと同じくらいの歳。

◯ ヒソカ
奇術師でハンター。
武器にトランプを使用。

◯ ズシ
心源流拳法家。

◯ ウィング
心源流拳法師範代。
身の回りがだらしない。

◯ 200階クラスの受付嬢

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|あらすじ

ゴン、キルア、クラピカ、レオリオは、ヨークシンシティで半年後の再会を約束し、次の目的のため別々の行動を開始する。

ゴンとキルアは、特訓と金稼ぎのため天空闘技場へやってくる。

順調に階層クラスを駆けあがる二人。

だがキルアは、ズシの能力が気になっていた。

上にあがるよりもズシに聞いた方が早いと尋ねるが、ウィングに方便であしらわれる。

ウィングの方便「燃(ネン)」と四大行。
点(テン)
舌(ゼツ)
錬(レン)
発(テン)

真実の能力「念(ネン)」と四大行。
纏(テン)
絶(ゼツ)
練(レン)
発(ハツ)

ゴンとキルアは「念(ネン)」と四大行にたどり着けるのか?

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|ネタバレ

未踏の地200階クラスへのエレベーターに乗るゴンとキルア。

未開エリアに侵入するが、あまり気構えをしていない。

その情報を得たウィングは、・・・。

エレベーターから降りたゴンとキルアは、一本の通路で違和感を受ける。

何者かからの殺気を感じていた。

一歩も前に進めない・・・進みたくないと怯む。

その道の先にいたのは、200階クラスの受付嬢だった。

200階クラスでは、以下の通り。
・現在173名の選手が待機。
・あらゆる武器の使用可能。
・原則ファイトマネーはなしで、名誉のみの戦いとなる。

到着した日の0時までに受付を済ませないと登録不可となる。

説明を終えると脇からヒソカが現れた。

どうやら殺気の正体はヒソカで、ゴンたちを待っていたという。

ヒソカは、200階クラスに来るのはまだはやいと追い返そうとする。

ふざけるなという感じのゴンとキルアだが、ヒソカの殺気の前に一歩も踏み出せなくなった。

すると背後に立っていたウィングに止められる。

ヒソカの念の前にゴンたちは無防備だったから。

本当の「念(ネン)」を教えるためゴンたちを連れ出す。

200階クラスの登録まで時間がないため、ゴンとキルアはやむなくウィングについていくことにした。

刃にした花で花瓶をダーツの様に突き刺す。

ウィングの部屋でその光景をみた、ゴンとキルアはオーラについて学ぶ。

纏(テン)」とは、体が発する生命エネルギーであるオーラを纏わせるの技術。
絶(ゼツ)」とは、オーラを断つ技術。
練(レン)」とは、通常以上のオーラを生み出す技術。

つまりズシは「纏(テン)」で、防御を高めていたことになる。

オーラで人を殺せる。

自らのオーラで、相手のオーラを防ぐ。

でなければといいつつ、ウィングは試しに部屋の壁にオーラによる強い衝撃を与える。

あまりの破壊力にゴンとキルアは驚愕する。

一方、ヒソカは200階クラスの受付への通路で座り込み、道をふさいでいた。

オーラでトランプを刃に変え、壁に投げ刺しながら。

まだ早い・・・」と。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|考察感想

ついにウィングはゴンたちに、本当の「念(ネン)」について教えることにしました。

いままでキルアが感じていた嫌な感じというのは、害意の乗った生命エネルギーと呼ばれるオーラだということになります。

ヒソカに対抗するため旧繕いではありますが、新たな能力向上の兆し。

オーラを纏い、オーラを絶ち、オーラを練り、オーラを発する。

この「念(ネン)」を自在に操れるようになればヒソカに一矢報いることができると思われます。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第47話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

※ 本作品の配信情報は2019年10月7日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはアニメ放題のホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6巻

※ 本作品の配信情報は2019年10月5日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第46話「ネン(ねん)」
■ NEXT:
第48話「ヒソカの条件(ひそかのじょうけん)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第47話「見えない壁(みえないかべ)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう