ハンターハンター6話ネタバレ考察!第1次試験開始②&キルア初登場も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第6話「第1次試験開始②(だい1じしけんかいし②)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第6話
■ ストーリー題名:
第1次試験開始②(だい1じしけんかいし②)
■ ストーリー区分:
ハンター試験編
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1998年4月7日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第19号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第1巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
出発の日(しゅっぱつのひ)
■ BACK:
第5話「第1次試験開始①(だい1じしけんかいし①)」
■ NEXT:
第7話「それぞれの理由(それぞれのりゆう)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。

◯ クラピカ
クルタ族で悲しい過去を背負う人物。

◯ レオリオ
メガネとスーツの人物。

◯ キルア
受験番号99番。
毒に耐性がある。
ゴンと同じくらいの歳の少年。

◯ ハンゾー
受験番号294番。
忍者。
隠者の書を探し求めるハンター志望者。

◯ ヒソカ
受験番号44番。
奇術師。

◯ トンパ
受験番号16番。
新人つぶし。

◯ ニコル
受験番号184番。
インテリ系の男性。

◯ サトツ
一次試験担当官。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|あらすじ

キリコに連れられてやってきた定食屋。

その地下では、何らかの達人が数百名集まる薄暗いトンネルがあった。

彼らは、ゴンたちと同じハンター資格取得を目指して集まった精鋭ぞろい。

ゴンたちは彼らの洗礼を受ける中でどのように困難を乗り越えるのか。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|ネタバレ

新人つぶしのトンパからもらったジュースを野生的な感と運で回避するゴンたち。

予定が狂ったトンパは、ただただ平謝りをする。

ゴンはくじら島での山生活から野草などを食べて味覚が養われていた。

そのため気にも留めていなかったゴンは、トンパを叱るどころかジュースをほかの人が飲まなくてよかったと話す。

トンパは謝りながら、例年通りの計画がうまくいかない異常事態に、今年の新人たちの異様ぶりに戸惑う。

例えば・・・

294番のハンゾーは、声を掛けたら息つく間もなく喋り倒すのに、トンパがお近づきの印にジュースを差し出した途端、受取を断った。

ハンゾーはそれを忍びの習性で、他人からの飲食物はのどを通らない、と完全にプロの目になりながら説明。

184番のニコルは、インテリ系の男性で片手に持つノートパソコンから情報を得たデータにより、トンパが新人つぶしだとわかりジュースを断る。

301番は、顔や体中に無数の釘が刺さっていて、雰囲気がやばすぎて近づきすらできない。

結局ジュースを飲んだのは99番のキルアという銀髪でゴンと同じくらいの歳の少年。

だが彼の体は下剤入りジュースに抵抗があるようだった。

キルアがいうには、毒に対して何らかの訓練を積んでいるからであると答えていた。

とんでもない新人たちに驚嘆するトンパ。

そんな中、突如、知らせを告げるベルが鳴る。

ベルを止めたのは、髭がりりしいジェントルマン風の男性。

ベルの音はハンター試験の受付の終了の合図だった。

彼の先導で第1次ハンター試験が開始される。

一次試験担当官である彼の名は、サトツ。

彼は二次試験会場へ案内すると説明し歩き出した。

歩き出したは良いのだが、とてもペースが早い。

疑問に感じたハンゾーが尋ねると一次試験は、サトツについていくことが試験だと明かした。

場所や到着時刻は答えられないが、サトツについていくことが絶対条件。

体力の使う持久戦、どこまで走ればいいのかわからないという精神力も試される心理戦の中、ゴンたちをスケボーでスーッと横を通っていくキルア。

レオリオがスケボーはずるいと食い下がるなか、キルアの目に映るゴン。

キルアはゴンが同じ年だとわかると、お互い自己紹介を済ませてゴンと一緒に走ることになった。

レオリオとクラピカにも名前を尋ねるが、そこでレオリオが10代だと判明。

ゴンとキルアがうそだぁと驚くのをしり目にクラピカは試験のペースを乱されないよう離れて走る。

それから3時間後、クラピカの見立てで40kmくらい走ったのではないかという時点。

脱落者がいてもおかしくない状況のなか、いつまで走ればよいのかという疑問。

後ろのほうで走るレオリオたちも同じく苦しんでいた。

特にレオリオは、脱落者がだれ一人出ていないことに驚いていた。

そして改めてハンター試験の狭き門に立ちはだかっていた。

自身を凡人と評価し、ついにアタッシュケースを落とし休憩してしまう。

ゴンがレオリオの名を呼ぶが、キルアは遊びじゃないとゴンに苦言を呈す。

しかしレオリオはあきらめたわけではなかった。

反骨精神から気合でクラピカのいる先頭走者付近まで這い上る。

ゴンはレオリオのアタッシュケースを釣り竿で拾い上げ、キルアと一緒に爆走する。

この地点でスタートから60km地点を通過し、脱落者は0だった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|考察感想

ハンター志望者に圧倒され、状況も把握しきれないうちに始まった第一次試験。

ただ試験官についていくという、単純だが持久戦と心理戦が要求されるテストに翻弄される者たち。

そしてゴンと同じ年齢のキルアが初登場し、徐々に賑やかになったゴン一行。

彼らは第一次試験を何とか乗り越えることができるのか。

とても続きが気になる内容でした。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第6話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第1巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第1巻

※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第5話「第1次試験開始①(だい1じしけんかいし①)」
■ NEXT:
第7話「それぞれの理由(それぞれのりゆう)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第6話「第1次試験開始②(だい1じしけんかいし②)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう