ハンターハンター8話ネタバレ考察!もうひとつの敵&キルアの正体も

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 漫画原作版第8話「もうひとつの敵(もうひとつのてき)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|ストーリー概要&登場人物&あらすじ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|ストーリー概要

◯ ストーリー
■ ストーリー話数:
第8話
■ ストーリー題名:
もうひとつの敵(もうひとつのてき)
■ ストーリー区分:
ハンター試験編
■ ストーリー掲載雑誌名称:
週刊少年ジャンプ
■ ストーリー掲載雑誌発売日付:
1998年4月21日
■ ストーリー掲載雑誌発売曜日:
火曜日
■ ストーリー掲載雑誌号数:
第21号
■ ストーリー掲載単行本巻数:
第1巻
■ ストーリー掲載単行本題名:
出発の日(しゅっぱつのひ)
■ BACK:
第7話「それぞれの理由(それぞれのりゆう)」
■ NEXT:
第9話「霧の中の攻防(きりのなかのこうぼう)」

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|登場人物

◯ ゴン=フリークス
主人公。
野生育ちで動物に好かれ、感が鋭い。

◯ クラピカ
クルタ族で悲しい過去を背負う人物。

◯ レオリオ
メガネとスーツの人物。

◯ キルア
受験番号99番。
毒に耐性がある。
ゴンと同じくらいの歳の少年。

◯ ハンゾー
受験番号294番。
忍者。
隠者の書を探し求めるハンター志望者。

◯ ヒソカ
受験番号44番。
奇術師。

◯ アモリ3兄弟
受験番号197~199番。

◯ サトツ
一次試験担当官。

◯ ヌメーレ湿原に生息する生物たち

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|あらすじ

ハンター資格取得試験の第一次試験が開始されついに脱落者がでた。

脱落者を尻目にただひたすらに走るハンター志望者たち。

彼らに待ち受けていたのはさらなる困難だった。

長蛇の階段に脱落者が続々と増えていく。

そんな苦しい中、それぞれのハンターになりたいという目的が垣間見える。

やがて時は過ぎ、ついに長く薄暗いトンネルを抜けたのだった。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|ネタバレ&考察感想&無料動画or漫画

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|ネタバレ

ヌメーレ湿原という通称”詐欺師の塒”に抜けたハンター志望者たち。

そこでは湿原の生き物たちが、標的を欺き食糧にしようと舌なめずりをしているという。

第一次試験サトツが詳しく湿原の説明をする中、異を唱える傷だらけの男性が姿を現す。

なんとその人物は、サトツが偽物で自身が本物の試験官であるというのだ。

ざわつくハンター志望者たちの前に、差し出したのはヌメーレ湿原に生息する人面猿の死骸だった。

新鮮な人肉を好む人面猿は手足が細長くひ弱なため、人に扮しほかの生物と連携して獲物を生け捕りにするという。

サトツがハンター志望者たちを一網打尽にしようとしているという。

その瞬間、トランプのカードがヒュッと鋭く、試験官と名乗る男性といままで黙って話を聞いていたサトツに襲い掛かる。

試験官を名乗る男性は顔じゅうにカードが深く刺さりその場にドサッと倒れる。

サトツは両の手でしっかりとカードをキャッチしてした。

カードを投げた人物は、奇術師ヒソカだった。

ヒソカは、なるほどと感心しながら、逃げようとするいままで死んだふりをしていた人面猿にカードを投げ刺す。

本物の試験官はサトツだった。

ヒソカは、真実を見出すついでに、サトツのハンターとしての力量をはかったのだった。

死んだ人面猿たちは、無残にも鳥たちに内臓を食い散らかされている。

ヌメーレ湿原の環境洗礼や感傷に浸る間もなく、第一次試験は続行される。

この時点で受験生は、311名になっていた。

ヌメーレ湿原に入ってもマラソンは続き息つく間もない。

ぬかるみがひどく、霧で視界も悪いためトンネルよりも状況は最悪。

気を抜けば湿原の魔物に襲われるため油断もできない。

持久力や精神力が試されるなかでさらに緊張がたかまった。

キルアは、試験なんかよりもヒソカが霧に乗じて何人かハントするから気をつけろとゴンに助言。

キルアはヒソカと同類だからわかるのだという。

天然なゴンは、大声でレオリオとクラピカに霧を抜けたほうがいいと叫ぶ。

霧で視界を奪われるハンター志望者たちの前に巨大ないちごが転がり込む。

キリヒトノセガメという巨大な亀が人々に襲い掛かる。

亀の甲羅にはイチゴの実がなっていて、霧でかすむと人の影のように見えた。

そのため何人かは騙され餌食になった。

その魔獣から逃げようとするハンター志望者たちにも新手が襲い掛かる。

マチボッケという動きはのろいが地中に潜み大口を開け待ち、獲物がその上を通るとそのまま飲みこんでしまう魔獣だった。

さらに・・・

嘘で罠に誘い込み殺し死肉を漁るホラガラス。
踏むと爆発し動けない獲物に胞子をまいて繁殖するジライタケ。
不思議な飛び方で催眠効果を与え、生きたまま幼虫の餌にするサイミンチョウ。

などさまざまな湿原生物がごはんにありついていた。

後方を走るハンター志望者たちはパニック状態となる。

ゴンとキルアは前方を走っていたため餌食にはならなかった。

だがレオリオとクラピカは、後方組なためパニックに身動きが取れない状態となる。

また霧が深い場所のためさらに進行方向がわからない。

さらにそこへ狩りを楽しむ奇術師ヒソカがハンター志望者たちに襲い掛かる。

レオリオとクラピカだけになり、カードがレオリオの腕に刺さる。

危険を察知したゴンは、レオリオとクラピカのもとへ走る。

Sponsored Link

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|考察感想

今回はヌメーレ湿原の生物や環境がハンター志望者たちに猛威を振るっていました。

またその期に乗じて奇術師ヒソカも快楽を得るために暗躍。

ゴン一行に対して最初で最大の困難がやってきたという状況でしょうか。

圧倒的な実力差があるヒソカに対して、ゴンたちはどのように立ち向かうのか。

またゴンの行動が今後どのように影響するのかが楽しみといったところです。

そしてキルアのヒソカと同類という発言も気になるところですね。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第8話|無料動画or漫画

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」を視聴する。 HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター) ※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはhuluのホームページもしくはアプリをご確認ください。

いますぐ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第1巻」を読む。

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第1巻

※ 本作品の配信情報は2019年8月6日時点のものです。 配信が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはU-NEXTのホームページもしくはアプリをご確認ください。

まとめ

■ BACK:
第7話「それぞれの理由(それぞれのりゆう)」
■ NEXT:
第9話「霧の中の攻防(きりのなかのこうぼう)」

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りました。

■ 漫画原作版第8話「もうひとつの敵(もうひとつのてき)」:
・ストーリー概要
・登場人物
・あらすじ
・ネタバレ
・考察感想
・無料動画or漫画

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう