テータの念能力と念系統やプロフィール!ハンターハンター

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「テータ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

テータ|基本プロフィール概要&容姿(見た目)と性格(気質)

テータ|基本プロフィール概要


出典:HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第348話「覚悟(かくご)」

◯ 基本プロフィール
■ 名前(姓名):
テータ
■ 生年月日:
????年??月??日
■ 年齢:
???歳
■ 性別:
女性
■ 身長:
???センチメートル
■ 体重:
???キログラム
■ 血液型:
???型
■ 出身:
???
■ 所属:
カキン帝国
■ 肩書:
第4王子ツェリードニヒ私設兵
ハンター準協会員
■ 初回登場区分:
暗黒大陸編
■ 初回登場話数:
第348話「覚悟(かくご)」
■ 以降登場区分:
???編

テータ|容姿(見た目)と性格(気質)

肩に掛かるか掛からないかの茶色い髪で毛先が揃われている。
前髪ごとすべてカチューシャかヘアバンドで留めている。
大きな橙や金色の間くらいの瞳で半目、下まつげが長い。
外側に向けて細くなる眉毛、口は小さく紅をつけている。
第4王子私設兵なのでスーツとネクタイを着用し、インカムを装着。

冷静沈着、知的な性格。
同じツェリードニヒの私設兵であるサルコフと王子の対応について相談をすることがある。
だがサルコフは、論点まで辿り着く前の事で疑問を抱かれるので、考えるのはいつも自分と頭を悩まされている。
時にサルコフのサポートによる心休まる時間もあるが、結局それも次の作戦を考える時間になってしまう。

ツェリードニヒの私設兵だが、王子の気質とは同調していない。
かなり常識を携えていて、ツェリードニヒが力を手に入れることを恐れている。
正義感が強く自死してでもツェリードニヒを止めようと考えている。

ツェリードニヒからは、テータちゃんという愛称である意味慕われている。
だがひとたび嘘をつこうものなら、王子が「嘘つきな女」を嫌いなため抹殺される可能性もある。

なぜツェリードニヒの私設兵になって居るのかは不明。

Sponsored Link

テータ|念系統&念能力(制約と誓約)

テータ|念系統

不明。
作中でいまだ明かされていません。

テータ|念能力(制約と誓約)

不明。
作中でいまだ明かされていません。

ただツェリードニヒを暗殺しようとした時に念能力ではなく拳銃だった。

そのこともあり、補助系の能力。

または迎撃型、相互協力型などの様に条件を満たさないと発動しない能力。

しかし迎撃型ならツェリードニヒの守護霊獣からの攻撃で反応するので、迎撃型の可能性は低そうです。

制約と誓約

誓約は、不明。
制約は、不明。

Sponsored Link

テータ|生い立ちと境遇&これまでの経緯

テータ|生い立ちと境遇

出生や幼少期は不明。

カキン帝国王族である第4王子ツェリードニヒに仕える私設兵となる。

テータ|これまでの経緯

ツェリードニヒの悪のポテンシャルを懸念している。
ツェリードニヒに対しての言葉選びにも慎重。
またツェリードニヒが念の世界に入ることを止めようとする。
だが、クラピカの緊急チャンネルで「寄生型の念獣」というワードを全王子の護衛全員が聞いているため対応に困る。
どうにかその状況下でツェリードニヒの念能力覚醒を止めようとする。
しかしツェリードニヒの守護霊獣を見た瞬間、自分の甘さを後悔する。
その後、ツェリードニヒの念の修業に付き合うこととなる・・・。
クラピカの念の講習会とテータが念を教える期間に差異があることをツェリードニヒに疑念を抱かれる。
そしてツェリードニヒの守護霊獣から攻撃され、頬に傷を負う。
ツェリードニヒの問に偽りがあると人ではない存在に変えられる前提条件と考えられる。
ツェリードニヒが絶を修行中に暗殺を行うが失敗に終わる。
その後、頬の傷は広がってしまう・・・。

Sponsored Link

まとめ

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「テータ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

Sponsored Link

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう