ワブルの念能力系統や守護霊獣!プロフィール☆ハンターハンター

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「ワブル=ホイコーロ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・守護霊獣念系統
・守護霊獣念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

ワブル=ホイコーロ|基本プロフィール概要&容姿(見た目)と性格(気質)

ワブル=ホイコーロ|基本プロフィール概要


出典:HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)第349話「蠱毒(こどく)」

◯ 基本プロフィール
■ 名前(姓名):
ワブル=ホイコーロ
■ 生年月日:
????年??月??日
■ 年齢:
???歳
■ 性別:
女性
■ 身長:
???センチメートル
■ 体重:
???キログラム
■ 血液型:
???型
■ 出身:
カキン帝国
■ 所属:
カキン帝国王族
■ 肩書:
カキン帝国王族第14王子
■ 初回登場区分:
暗黒大陸編
■ 初回登場話数:
第349話「蠱毒(こどく)」
■ 以降登場区分:
???編

ワブル=ホイコーロ|容姿(見た目)と性格(気質)

生後間もないため体全体が小さく、自立歩行が出来ない。
短髪な毛色と膨れたほっぺは父親ナスビーに似ている。

人を見抜く力は、母親オイト譲り?

よく泣きよく寝、一般的な赤子。
母親オイトの愛情をしっかり享受している。

Sponsored Link

ワブル=ホイコーロ|念系統&念能力(誓約と制約)

ワブル=ホイコーロ|念系統

不明。
作中でいまだ明かされていません。

ワブル=ホイコーロ|念能力(誓約と制約)

不明。
作中でいまだ明かされていません。

制約と誓約

制約は、不明。
誓約は、不明。

ワブル=ホイコーロ|守護霊獣念系統&守護霊獣念能力(誓約と制約)

カキン帝国国王ナスビーの命を授かった王室執事ヌグイにより「壺中卵の儀」が執り行われた。
古文書にある初代王が蠱毒の発想を得て具現化された壺。
この蠱毒の壺に対象者の血液を数滴垂らし、側面の壺の顔の口に手を入れる。
するとシニョンの髪飾りをした妖精の様な少女が現れて、王子の口に紫色の守護霊獣の卵のようなモノを入れ、儀は完了する。

ヌグイによれば、壺に血の継承を証し王即位への思いを念ずることで特別な能力(守護霊獣)が授かる、と信じられているという。

守護霊獣は、子孫繁栄を願う者が遺した強い念によって産み出された念獣。
死者の縁の深い者に憑き、取り憑かれた者のオーラを糧とし、その者の人となりに影響を受けた形態、能力に変貌する。
だが自身が創り出した存在ではないため、自分の意志で動かすことは出来ない。

対象者は全く自覚なく自ら守護する霊獣を育むこととなる。
守護霊獣は自身を形どる器なので、脆く弱気器は王にふさわしくない。
なので王位継承戦は、守護霊獣の強さで左右されると言っても過言ではない。

また守護霊獣は、念能力者にしか視ることが出来ない。

ワブル=ホイコーロ|守護霊獣念系統

不明。
作中でいまだ明かされていません。

ワブル=ホイコーロ|守護霊獣念能力(誓約と制約)

不明。
作中でいまだ明かされていません。

制約と誓約

制約は、不明。
誓約は、不明。

Sponsored Link

ワブル=ホイコーロ|生い立ちと境遇&これまでの経緯

ワブル=ホイコーロ|生い立ちと境遇

カキン帝国王族第14王子として生誕する。

父親は、カキン帝国国王ナスビー=ホイコーロ。
母親は、第8王妃オイト。

第8王妃オイト第1子で、兄弟姉妹は居ない。
ほかの王子たちとは異母兄弟姉妹という関係。

念能力は開花していない。

この度のカキン帝国王位継承戦で最下位王子なため確実に不利な立場。

ワブル=ホイコーロ|これまでの経緯

第8王妃オイトが出した護衛の募集に応募したクラピカ
面接時にお互いの目的とカキン帝国王位継承戦の話をする。
大切なモノは何かようやく気がついたオイトは涙を流しつつ、娘ワブルをクラピカに抱かせる。

暗黒大陸への渡航が始まり、クラピカが1014号室の戦力を確認。
またB・W1号内の犯罪や医療関係などカキン帝国の杜撰さを十二支ん牛ミザイストム=ナナから報告を受ける。
そしてカキン帝国王位継承戦で死を覚悟して臨んだ第8王妃オイトに対して生き残る術を施す。
オイトはクラピカの話す一縷の望みに動揺すると同時に、ワブルが呼応するようにただよらぬオーラを放つ。
そのことにクラピカのみが察知した。
その力は、ワブル本人のものか守護霊獣のものかは定かではない。

渡航直後に1014号室で犠牲者が何人も出た時に、クラピカからワブルの守護霊獣の防衛行動なのではと疑いがかけられた。
だがほかの王子たちの守護霊獣が1014号室に現れたため、ワブルの疑いは晴れる。

その後、第1王子ベンジャミンの命により監視ではなく刺客として出向してきたベンジャミン私設兵ビンセント襲来で不安から泣き始めるワブル。
クラピカが即座に判断して第8王妃オイト、第14王子ワブルを何があろうと守り抜くと緋の眼を見せた時、ワブルは即座に泣き止みクラピカを頼る。
その様子を見てオイトもクラピカを信じることにした。

その後しばらく第8王妃オイトがワブルを抱えていたが、第12王子モモゼ死亡により狼狽したオイトの手から離れ第14王子ワブル従事者シマヌが世話をする。
また落ち着いたオイトはクラピカ念講習会と同時期にビルから念の訓練を施され、シマヌと交代でワブルの世話をする。

Sponsored Link

まとめ

こちらでは、HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の以下の事柄について迫りたいと思います。

■ 「ワブル=ホイコーロ」:
・基本的なプロフィール概要
・容姿(見た目)と性格(気質)
・念系統
・念能力(制約と誓約)
・守護霊獣念系統
・守護霊獣念能力(制約と誓約)
・生い立ちと境遇。
・これまでの経緯。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう